ページ先頭

COFFEE BEANS

ご家庭でのおいしいコーヒーの楽しみ方

このブルーイングガイドはご家庭で一杯の素晴らしいコーヒーを入れるための手引きです。
これらの基本的なステップを把握し、ほんの少し練習すれば、
香り豊かでスムースな味わいの美味しいSBCコーヒーをご家庭で楽しんでいただけます。
これをきっかけに、ご自分のお好みにあう楽しみ方を見つけてください。

保存

コーヒー豆のフレーバーを保つには、湿気、光、そしてなによりも空気が大敵です。SBCでは、焙煎後の豆がまだ温かい状態で、フレーバーを保つために特殊加工されたバルブバッグに包装されます。全てのSBCコーヒーの独特な味わいを楽しんでいただくために、次の方法でコーヒー豆を保存してください。

  • ●コーヒー豆は不透明な機密性容器に入れ、10度〜20度くらいの涼しく、暗い場所に常時保管してください。
  • ●たくさん豆を購入して、バルブバックを開封した場合は、いくつかの機密性容器に小分けして保存してください。これで、すぐに使用しない豆も新鮮な状態で保つことができます。

豆の挽き具合

あなたが選んだコーヒーの入れ方に合った豆の挽き加減であることを必ず確認しましょう。
いくら最高級のグルメコーヒー豆を使用しても、豆の挽き加減でフレーバーが損なわれる場合があります。細かく挽きすぎた豆だと、過度に抽出され、苦いコーヒーになってしまいます。逆に粗く挽きすぎた豆だと、薄く、すっぱい味のコーヒーになってしまいます。

おすすめの挽き具合
プレス式コーヒーメーカー:粗挽き - 15秒
ドリップ式:中挽き - 20〜25秒
エスプレッソ:極細挽き - 25秒

※シアトルズベストコーヒー各店では、お客さまのご希望に合わせて、お買い上げの豆を挽くことが可能です。お気軽にお申し付け下さい。

分量

素晴らしい一杯のコーヒーを入れるには、全てにおいてバランスが重要です。コーヒー豆と水の割合が正しくないと、豆の挽き加減を間違ったときと同じくらいコーヒーの味に響いてしまいます。使用する豆の量でコーヒーの濃さを調節しましょう。

SBCでは、豆と水の理想的な割合は豆大さじ(10g)に対して水6オンス(約170g、コーヒーカップ一杯分)としています。

低品質のコーヒー豆が直接コーヒーの味に影響するように、低品質の水もコーヒーに大きな影響を与えます。水はいつも新鮮なものを使用しましょう。水道からの水が飲料水として飲める場合は、美味しいコーヒーを入れるのに使用できます。

しかし、水を飲んでみて、塩素、鉄や他のおかしな味がするときは、ミネラルウォーターやろ過水を使用しましょう。

温度

素晴らしい一杯のコーヒーを入れる際には温度の大切さを忘れないでください。カップの中のコーヒーのフレーバーを決定するのはお湯の温度です。エスプレッソを除くすべての入れ方に合う理想的な水の温度は、沸騰直後(90度〜96度)の温度です。お湯が沸騰したら、数秒間冷ましてから使いましょう。この温度以下のお湯だと豆のフレーバーが十分に出ません。

また、一度入れたコーヒーを再度沸騰させたり、温めなおしたりするのは絶対にやめましょう。温めなおす際に出る蒸気と共にフレーバーまで逃げてしまいます。コーヒーの温度とフレーバーを保つには保温容器を使うことをお勧めします。

Ready to brew?

ご家庭でコーヒーを入れるいくつかの方法をご紹介します。

Manual drip brewingマニュアルドリップでコーヒーを淹れる

自分でお湯を注ぐドリップ式の抽出法が、シアトルズベストコーヒーが推奨する、コーヒーの淹れ方です。
この方法は、とてもシンプルでありながら、細かくグラインドされたコーヒー豆が、お湯に触れることで、引き出されたふくよかでリッチなフレーバーを、存分に楽しむことができるからです。
フィルターには、ペーパーフィルターまたは、繰り返し使うことができるゴールドフィルターをおすすめします。

【豆の挽き具合】
ペーパーフィルターの場合 細挽き(約18-23秒 電気式グラインダー)
ゴールドフィルターの場合 中挽き(約13-18秒 電気式グラインダー)
【抽出法】
  1. コーヒーを抽出する前に、ポットやカップをお湯で温めておきましょう。
  2. お湯を沸かしましょう。(沸騰 数秒後 約90度〜96度のお湯が最適)
  3. ペーパーフィルターを使う場合
    フィルターの張り合わせ部分を折り込み、バスケットにいれる
  4. カップ一杯(約170mlのお湯)に対して、大さじ1杯(10g)の粉をいれる
  5. コーヒー全体が湿る程度に、沸騰後のお湯を注ぐ。5秒蒸らし、
  6. 中央から、円を描くようにお湯をゆっくりと注ぐ。お湯があふれないように注意する。

Coffee pressプレス式コーヒー

比較的ダークローストの豆の味わいを引き出すのに最適な方式です。
温度が下がりやすいので、コーヒープレスと、カップを温めておくことをお忘れなく。

【豆の挽き具合】
粗挽き(約5〜10秒 電気式グラインダー)
【抽出法】
  1. コーヒープレスと、カップを温めておく
  2. カップ一杯(約170mlのお湯)に対して、大さじ1杯(10g)の粉を
    コーヒープレスに直接いれる。
  3. 沸騰後のお湯を注ぐ
  4. 軽くかき混ぜて、つまみは引き上げたままふたをし、数分おきます。
  5. ゆっくりとつまみを押し下げ、コーヒーを30秒ほど沈殿させてから、
    カップに注ぎます。
Copyright© Seattle's Best Coffee Japan Corporation .All rights reserved.